補聴器道場

現役補聴器販売員が日々、成長のためがんばってます。

2019年04月

今まで右に右のみGNリサウンドDOTT10を着けておられ、今回左に着けるのは初めてです。「はじめは違和感があると思いますので、8割ぐらいの音を入れておきます。それでも違和感があると思います。しかも語音弁別も10割の音を入れても65%のため、8割の音では50%ぐらいしか聞き取れないと予想できますので、うるさいし言葉の聞き取りはそれほど改善してない状態です。これから徐々に慣らしながら音を上げていくのでうるさくなくよく聴こえるのは、早くても3か月後、遅ければ半年後ですので、それまでは頑張ってください。」「うるさいけど慣れることはできると思う」

「右をもっとあげてくれないか」「いいですよ」

少し上げただけで、すぐハウリングを起こしてしまいました。ドットをエンヤの感覚で音を上げると失敗するため慎重に上げなくてはと思いました。「右はもうこれ以上あげれないみたいなので、右をもっと聴きやすくされたいのであれば、右もご購入をお願いいたします。今なら両耳価格でお得にご購入できます。」とお伝えしました。

お帰り後電話があり「右も購入したい」と成約となりました。

5か月前にクワトロ762 右のみご購入のお客様

先日、「病院で呼ばれても気づかないため音を大きくしてほしい」とのことで上げておりましたが、本日は「ハウリングするので、何とかしてほしい。」とご来店いただきました。初めての補聴器で高音のみ悪い方のため、耳栓をチューリップ型にしておりましたが、パワードームLに変更し、DFSの初期化を行いましたら、見事にハウリングはなくなりました。「自分の声が大きく聴こえたり、自分の声じゃないみたいに聞こえるなど違和感はありませんか?」「少しあるが大丈夫」とのことなので様子を見ていただくことになりました。

成約

8年前に右のみGNリサウンドDOTT10を13万円でご購入。

うるさいため使ったり使わなかったりであった。

「大工をやっているが、休憩中にみんなの輪に入ることができず、なんやあいつはと思われてないか不安になる」「レストランに行ったときにきこえないし、補聴器を着けるとうるさい」「2年ほど前に両耳の試聴をしたことがありその時は、すごく聴きやすかった。しかし、40万円と言われ高くて買わなかった。右は今の補聴器で、左も着けると聞きやすくなるのではと思い左を買いに来た」「13万円ぐらいを希望」

測定結果は、聴力は右も左も変わらず平均聴力60㏈。

語音弁別は、右90%、左65%

「左に着けると右の邪魔をして余計に聞き取りづらくうるさいだけになるかもしれません」とエンヤ462を試聴を行いました。

「右のみよりもよく聴こえる」「よく聴こえるだけでなく、言葉の聴き取りはいかがですか?」「言葉もよく聴き取れる」「良かったです。私の予想と違い左に着けた方がよいようですね。」

「両耳につけた方がうるさいため頑張って慣らさなくてはいけないです。左に着けたからと言ってレストランですらすら聞き取れることはないですが、着けないよりはよいです。」

「念のため、両耳とも新しいもので、試してください」両耳エンヤを着けていただきました。「すごく自然で、よく聴こえる。」「両耳の方が金額がお得ですが、よろしいですか?」と提案してみましたが、今回は左のみとなりました。

「うるさいのは慣らさなくてはならないこと。左に着けたからと言ってレストランですらすら聞き取れることはないこと。」の確認をもう一度行い成約となりました。

老人ホームに訪問。

「耳栓が装着しづらく外れやすい」

装着をしっかり行えば問題ないようなので様子を見ていただこうと思いましたが、念のためスポーツロックを付けると耳栓が耳穴に吸い込まれるように勝手に入るためスポーツロックをつけることになりました。スポーツロックを付けると装着が難しくなることも多いですが、逆のこともあるとわかり勉強になりました。

毎日2時間ほど着けておられるそうで、良好とのことでしたが、「まだ80%ぐらいの音しか入れてませんので、少し上げてみませんか」と90%にあげました。「どうですか?」「よく聴こえる」「ではこれで様子見てください」

息子様からも「大きな声を出さなくて済むし、テレビの音量もこんな小さくて良いなんて今までは考えられなかったため、もっと早く着けてあげればよかったなぁ」とうれしい言葉をいただきました。

いつも奥様が電池を購入いただいてましたが、本日は本人様がご来店。

「補聴器をもらいに来た」「ありがとうございます。」

席に着いていただき問診を行いましたが、何か話がかみ合いませんでした。「今の補聴器の調子はよいですか?」「調子良いよ」「調子良いのに買い替えるのですか?」

「補聴器はたくさんあるが今日はまた買いに来た。」など。

どうやら電池のことを補聴器とおっしゃる方のようでした。

電池を購入いただきました。

↑このページのトップヘ