私が使用した認定補聴器技能者試験勉強ノートです。使えそうなものがありましたら、参考にしてください。

病気について

伝音性難聴

耳介奇型

 

急性中耳炎:耳痛、発熱、合併症には感音難聴がある。

 

慢性中耳炎:痛くない。伝音性難聴。

 

中心穿孔≒慢性中耳炎

辺縁穿孔≒真珠腫性中耳炎

 

耳管機能異常:耳管が通らなくなると中耳腔が陰圧になる。

耳管狭穿:耳閉感、自声強調

↓    逆に耳管が開きすぎると耳管開放症:耳閉感、自声強調

 

滲出性(癒着性)中耳炎

↓乳幼児に最も多く、高齢者にも多い。

 

真珠性中耳炎:外耳道の骨、神経などを破壊する。

合併症には感音性難聴、めまい、顔面神経麻痺

高度になると、髄膜炎、脳膿瘍、S状静脈洞血栓症、敗血症

 

 

ティンパノグラム

A型 正常
C
型 耳管狭窄症
B
型 滲出性中耳炎

耳硬化症
アブミ骨が骨増殖により固着して動かなくなる。
伝音難聴に加えて2kHzの骨導聴力が悪化する(Cathartのノッチ」と言う)
治療はアブミ骨を人工骨(ピストン)に置き換える「アブミ骨手術」

外傷性鼓膜穿孔
·多くは自然閉鎖
閉鎖しないものはパッチによる閉鎖促進·。それでもダメなら手術(鼓室形成術)

 

感音難聴

内耳性難聴:蝸牛、外有毛細胞が障害されて起こる。聞こえない。補充現象。

  +

後迷路性難聴:内耳より奥の神経が原因。音は聞こえるが、言葉が聞き取れない。

後迷路性難聴では病的疲労現象が認められる。

 

感音難聴をひき起こし得る薬剤
○アミノ配糖体抗生物質
  ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシンなど
○シスプラチン(白金錯体抗癌剤)
○ループ利尿薬
  フロセミド·エタクリン酸など

 

○ストレプトマイシンによる難聴
高音部から全周波数へと進行。薬剤使用終了(中止)後も進行。
外有毛細胞一内有毛細胞一ゴルチ器全体へと進行

病原体の感染による難聴
○ムンプスウイルス
 おたふくかぜ(ムンプス)のウイルス(一側性)

○帯状泡疹(ヘルペス)ウイルス
ハント症候群(一側性)

 

○サイトメガロウイルス
母体内で感染し、先天性難聴に (両側性)

○麻疹ウイルス

 

 

 

突発性難聴 左右差あり

 原因不明。

 

特発性感音難聽  (両側性)
原因不明(自己免疫説)
両側がほぼ同様に、ゆっくりと悪化。高音漸傾 (ぜんけい)型の聴力。有効な治療法は無い

 

老人性難聴
·老化によるとされるが原因は不明。高音部から悪化する (両側性)

血管状の萎縮。有毛細胞の減少。蝸牛神経の変性。

老人性難聴の病態

1. 内有毛細胞の障害
2.
らせん神経節細胞の変性
3.
蝸牛神経細胞数の減少

 

 

側頭骨骨折。
縦骨折:伝音難聴になりやすい
横骨折:感音難聴になりやすい

 

中枢性難聴
後迷路性難聴であるが、言語理解、音の認識など高次の問題も。

→補聴器は役に立たない。

 

 

メニエール病  一側性を原則とするが、両側性の場合あり。左右差あり。

めまい、耳鳴り、耳閉塞感、強い音に対する過敏性。

低音低下、補充現象あり。良くなったり、悪くなったり。

内耳性難聴

 

メニエール病の前庭症状(めまい)を欠くタイプ

→低音障害型感音難聴    原因:内リンパ水腫

 

 

外有毛細胞の障害→補充現象

語音明瞭度をあまり低下させない内耳の障害部位である。

 

語音明瞭度が低くなる障害部位は

 →ラセン神経部

 

 

突発性難聴 左右差あり

メニエール病 左右差あり 一側性を原則とするが、両側性の場合あり。

脳神経腫瘍 左右差あり。後迷路性難聴

騒音性難聴→左右差ない。 

 

 

1. メニエール病は低音障害型である。
2.
老人性難聴は高音漸傾型である。
3.
ストマイ難聴徳は高音急墜型である。