私が使用した認定補聴器技能者試験勉強ノートです。使えそうなものがありましたら、参考にしてください。

数字系

 

2分法:(10002000)÷2

3分法a:(50010002000)÷3

3分法b:(50010004000)÷3

4分法a:(5001000×22000)÷4

4分法b:(500100020004000)÷4

6分法:(5001000×22000×24000)÷6

 

 

身体障害者手帳と判定基準

2級:両耳の聴力レベルがそれぞれ100dB以上のもの(両耳全ろう)
3
級:両耳の聴力レベルが90dB以上のもの(耳介に接しなければ大声語を理解し得ないもの)
4
級:1. 両耳の聴力レベルが80dB以上のもの(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
   2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
6
級:1.両耳の聴力レベルが70dB以上のもの(40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
   2. 一側耳の聴カレベルが90dB以上、他側耳の聴カレベルが50dB以上のもの

 

 音圧(パスカル) = 音圧レベル(デシベル)
0.00002 Pa
20μPa、)     = 0 dB
0.0002 Pa
      = 20 dB
0.002 Pa       = 40dB
0.02 Pa
       = 60 dB
0.2 Pa
        = 80dB
1Pa
        = 94dB
2 Pa
        = 100dB
20 Pa
        = 120dB


人の聞き取れる音の大きさ

0.00002 Pa20 Pa

 


音の波長[m]音速340[m/s]÷音の周波数[Hz]

基本周波数を求める例として、一方の端が閉じた管を考えたとき

基本数周波数=音速340[m/s]÷4×管の長さ(㎝)

 

 

周波数(Hz)=1÷周期(秒)  音の周期が1秒の時周波数は1Hz

 

圧縮率=入力レベルの変化量÷出力レベルの変化量

 

 

2秒後にやまびこが帰ってきた。山までの距離は何mか?

距離=時間×速度

X2秒×340

X640m  これは、往復した距離のため半分の340mが正解。

 

 

音の周波数と波長の関係

1000 Hz の場合     1波長はおよそ34 cm
100 Hz
の場合      1波長はおよそ 3.4 m
10 Hz
の場合       1波長はおよそ34 m
1 Hz
の場合         1波長はおよそ340 m

 

壁を透過したエネルギーが入射エネルギーの1/10なら:-10
壁を透過したエネルギーが入射エネルギーの1/100なら:-20 dB
壁を透過したエネルギーが入射エネルギーの1/1000 なら:-30 dB
壁を透過したエネルギーが入射エネルギーの1/10000なら:-40 dB

音圧が2倍になると音圧レベルが6㏈大きくなる

音圧が4倍になると音圧レベルが12㏈大きくなる

音圧が1/2倍になると音圧レベルが6㏈小さくなる

 

 

 

音の足し算

2倍で +3

3倍で +5

10倍で +10㏈        例)60㏈+60㏈=63

 

音の引き算

2つの音の差が  3㏈で -3

         45㏈ -2

         69㏈ -1㏈ 

10㏈  -0㏈    例)64㏈-60㏈=62

 

 

 

 

点音源の距離減衰

距離が2倍になると-6

距離が4倍になると-12  

距離が10倍になると-20

例)工場の排気口から5 m点の音圧レベルが82 dBであるとき、排気口から4(20m)離れた点の音圧レベルは、82-6-6= 70 dBとなる。

線音源の距離減衰

距離が2倍になると-3 dB

例)交通量の多い道路(バイパス)の車線中央から10m点の音圧レベルが 70 dBであるとき、

距離が倍離れた20 m地点の音圧レベルは、70-3= 67 dBとなる。

 

面音源の距離減衰

音源に近い範圏では、音は減衰しない。
遠い場合は減衰する

 

 

両耳装用の効果と適応

左右の聴力差

適応

効果

15dB未満

あり

あり

15dB以上25d B

場合による

限られる

25dB以上

なし

ほとんどない

   

最高語音明瞭度の左右差

適応

効果

20%未満

あり

あり

20%以上30%未満

場合による

限られる

30%以上

なし

ほとんどない