この本を読んだ理由

女心というものがまったくわかっていません。

女性社員が怒っていることに気づきません。

気付いたとしても何に怒っているかわかりません。

働く女性の気持ち、頭の中を少しでもわかることができたら良いなと思い読んでみました。


◎内容紹介(アマゾンより)

女の生き方は時代によって左右される――。「女性活躍」時代のリアル。

管理職への昇進を拒む深い葛藤、やりがいと低賃金の狭間に生きる姿、「勝ち組」の敗北感、

認められない家庭生活での活躍、そして男をも襲うプレッシャー。

「女性活躍」推進の期待が高まる一方、「産め働け活躍しろ……! 冗談じゃない! 」女たちは規範の押し付けに悩み、苦しみ、怒っている。

人びとの等身大の本音を長年にわたる定点観測ルポで掬い上げ、時代ごとの生き方トレンドに翻弄される、

一人ひとりの働きづらさや生きづらさの本質を解き明かし、それぞれが希望の光を見出せる社会を考える。

 

多くの女性を何年間にもわたって継続的にインタビューして、取材結果が記述された本です。

女性活躍推進法が、働く女性を応援するどころか追い詰めている事例。
女性との出世競争に負けた男性が「逆男女差別」と主張する。
女性を育てるのは男性上司の役目で女性を育て方に悩む男性。
インタビューの内容が生々しく興味深く読めました。

昔はバリバリ働いている女性は独身のイメージであった。
今は少子化、労働人口の減少で女性は、働かないといけないし子供も生まなくてはならない。
そんなプッレッシャーを感じ悩んでいる女性がいる。
男性の育児休暇取得、保育所問題など環境もまだまだである。

簡単に人間を男性と女性の2種類に分けることは不可能である男性も女性も1人1人それぞれの生き方がある。


この本を読み一番の収穫は、男女平等の意味を間違えていたことに気づいたこと。

男女平等とは、男性も女性も同じ土俵に立ち、同じルールで同等に評価されることと理解していた。
女性だから優しくする。女性だから特別扱いをすることは逆に差別と理解していた。
しかし人間それぞれの性格であり、考え、環境、仕事のモチベーションなども様々である。
みんなが同じであるはずがない。
平等に接するのと全員同じ様に接するのは違うと知った。





スポンサードリンク